« Twitterクライアントをつくる3 | トップページ | 時計をつくる10 »

2010年10月28日 (木)

Twitterクライアントをつくる 関連リンク

twitterクライアント開発で使用したライブラリや情報源など。

twitter4r
ruby用のtwitterライブラリ。2010/10現在でver0.5.3。ドキュメントが古いので更新して欲しい。一応Oauth認証にも対応している。詳細はコレコレも参照。あまりアップデートがなかったが最近になって更新頻度が上がってきた模様。0.6.0へ向けて作業している模様2010/11に0.6.0がリリース。Oauth認証対応が遅れたのでかなりrubytterに流れたみたい。というかt4rの情報があまりでてこない。もしかして公式RTもまだ対応していない?0.7.0に期待。
http://twitter.com/twitter4r
http://twitter.com/t4ruby

RubyDoc.info
t4rの最新ドキュメントが参照できる。

twitter4r-users
t4rのメーリングリスト。

twitter4r-core
github。あとココも。

Twitter API 仕様書 (勝手に日本語訳シリーズ)
日本語訳。自分は本家もこちらも見ないで適当につくっていたりする。

しばそんノート TwitterのbotをOAuthに対応させる
Oauth認証が分からなくてもとりあえずココのコードでなんとかなりました。

Watir
Webアプリケーション自動テスト用ライブラリ。幅広いブラウザをサポート、マルチプラットフォーム対応らしい。現在の用途は、つぶやきにURLがあった場合、Webブラウザを呼び出すためだけに使用している。
ruby1.8系対応。1.9はVapirがいいらしいよ

Vapir
Watirのfork。IEとFirefox対応。1.9はこちらで対応!という情報だったのでいれてみたがそのままでは駄目だった。ココのとおりやればOK。

  1. gem uninstall win32-api
  2. gem install win32-api --platform=ruby

Developer Kitは入れなくても動いている。おまけにWatirもこれで動くようになる。だから導入の意味なし。github

Elegantthemes.com
アイコンを使わせていただきました。コレは他のアプリでもつかえそう。

AQUEST
日本語音声合成の出力に評価版を使わせていただきました。

ruby-ffi
元はRubinius由来の拡張ライブラリアクセス用のライブラリ。jrubyでも使われているらしい。なのでよく解らない場合は、そっち方面からの情報も入手できるかも。

Ruby/Gosu
mingwでGstreamerがうまく導入できなかったのでマルチメディアなライブラリを探して行き着いた。ゲームもつくってみたいので丁度良い。勘でサクっと動いたのでコレは良いものを手に入れたかも。ゲーム制作にはStarRubyを使おうと思っていたけどどうしようか。

 

|

« Twitterクライアントをつくる3 | トップページ | 時計をつくる10 »

Twitterクライアントをつくる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201593/37375913

この記事へのトラックバック一覧です: Twitterクライアントをつくる 関連リンク:

« Twitterクライアントをつくる3 | トップページ | 時計をつくる10 »