« RubyのGUI界隈 2016 | トップページ

2019年8月24日 (土)

RubyのGUI界隈 2019

お久しぶりです。

wxRubyメインのサイトなのですがここ数年デスクトップ系アプリはほとんど作っておりません。作るとしてもElectronを使っていたりして、すっかりJSの方に行ってます。

wxRuby本家もサイトが落ちているようです。

Railsは触るけどデスクトップ系ではRubyは今後使いそうにないので、もうこのサイトはメンテナンスモードという感じです。

とはいえ動向だけはおさえておこうと最近のGUI系ライブラリなどを調べました。ご参考にどうぞ。2019/08現在。

Bowline

Ruby/JS GUI and Binding framework (deprecated)

什么鬼! - ShenmeGUI

什么 鬼とGUIをかけているようですね。なんだこりゃGUIって感じでしょうか?

a shoes-like gui libraryだそうです

Proton

Ruby + Electron = <3

RubyをOpalでJavaScriptに変換してElectron 経由でGUI表示を行っているようです

libui-ruby

FFI経由でLibUIバインディングなGUIライブラリ

LibUIはWindows、GTK+、OS Xに対応しており元々はGo言語発で多数の言語にバインディングされているようです。wxWidgetsみたいですね。

wxRuby亡き後の本命でしょうか

Hyperstack

Hyperloopから名前変更(イーロン・マスクのせい)

JSXのRubyバージョンという感じでしょうか

Ruby DSLをOpalでJavaScriptに変換して利用するWebフロントエンドかな

faastrubyと相性がいいらしい


2016年でピックアップしたライブラリもまだアップデートされているものがあるとおもいます(今回調べていない)。

そちらも参照してみてください。

|

« RubyのGUI界隈 2016 | トップページ

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RubyのGUI界隈 2016 | トップページ